いったん伝えたら変更不可

賃貸住宅から引っ越すときは、家主に解約予告期間前に伝えなければなりません。伝えるのが遅れると、住んでいない期間の家賃も請求されることになります。解約予告期間は賃貸契約書に必ず記載されています。上限は3か月と法律で決まっていて、たいていはひと月となっているようです。その場合、たとえ家主に伝えた翌日に引っ越して行っても、伝えた日からひと月分の家賃は支払うことになります。引っ越しが決まったら、ひと月後を解約日としてすぐ家主に伝えたいところですが、そう簡単な問題ではありません。

果たして荷造りが間に合うか

家主にいったん解約日を伝えたら、もう変更はできません。早く引っ越して行く分にはいっこうに構わないのですが、日付を後にずらすことは決してできません。家主はリフォーム工事を依頼しているかもしれず、解約日の翌日から始まる可能性もあります。そのため、解約日にはなにがなんでも明け渡さなくてはなりません。果たして荷造りが間に合うかどうかです。引っ越し慣れしている人なら余裕でできるでしょうが、初めて自分が主導して引っ越しをする場合は、難しいこともあります。

引越しトラックの手配

引越しシーズンの場合は、引っ越しトラックの手配が難しいこともあります。解約日の当日か前日に頼みたいところですが、かなわなかったら、もっと前倒しになる可能性もあります。後ろにずらすことは決してできませんから。また、引っ越し前にはしなければならない手続がたくさんあります。平日に役所に出向いて手続きする時間も見ておかなければなりません。不用品の処分も、自治体のスケジュールに合わせたり、業者に自宅に来てもらったりと、結構手間がかかります。ひと月はあっという間です。

札幌市白石区の賃貸の契約方法をマスターすることによって、通勤や通学、買い物などに便利な物件を選ぶことが出来ます。