家賃15万円以上の高級賃貸以外は仲介手数料払い過ぎ

不動産屋が仲介して賃貸契約を行う場合には、仲介手数料を貸主と借主双方から家賃合計1ヶ月分以内の金額で不動産屋は受け取れます。貸主と借主どちらから受け取っても両方から受け取っても、家賃合計1ヶ月分以内であれば双方合意の上で受け取れます。高級賃貸物件として知られる家賃15万円以上の高級賃貸物件では、大家から広告費が出ることは少なく家賃の高さと立地条件の良さから不動産屋よりも大家の立場が強いことが多いです。このために、大家からの広告料が出ずに、借主が仲介手数料を全額支払うことになる場合が多いわけです。

法律上の規定を理解すれば納得

賃貸借契約時に払う仲介手数料は、貸主と借主双方から家賃の0.5ヶ月分ずつ最大で受け取ることが可能です。双方の合意により特約事項として、0.5ヶ月を超えて最大1ヶ月分までを貸主と借主どちらか一方が支払うことも出来ますが、特約が必要となります。特約は本来説明しなければならないものですが、契約書上にのみ明記して説明すらしない不動産屋が大半なためにグレーな仕事というイメージが付いてしまうのです。良心的な不動産屋では、しっかりと説明してもらえるか最初から家賃の0.5ヶ月分しか受け取らないので、知識として覚えておくと良いでしょう。

既に仲介手数料無料の物件が増えています

仲介手数料を無料としている物件には、大家が仲介手数料や広告料を多く出しているケースと、大家が直接募集を行っているケースがあります。大家が多額の費用を出している場合には、なぜ仲介手数料が無料となっているのか確認する必要があります。理由に納得できれば契約しても問題ありません。大家が直接募集をするケースが増えている背景には、不動産屋に多額の広告料を出さないと紹介すらしてもらえない残念な状況に嫌気がさして直接募集をしているケースです。

帯広の賃貸マンションは、オートロックをはじめとした防犯設備が揃っている物件が多いため、安心して日常生活を送れます。