インターネット掲載物件を見せないのは怪しい

インターネット検索で探して見つけた物件を気に入ったので、不動産屋へ連絡して現地待ち合わせを希望すると何故か一度不動産屋事務所まで来るように言われることがあります。その際には、現地待ち合わせを強く主張してみましょう。どうしても現地待ち合わせを頑なに拒否する不動産屋は、怪しいので近寄ってはいけません。なぜなら、掲載されている物件は架空の情報だからです。一度不動産屋へ来店させて別の物件に振り返るための集客専用物件を掲載する不動産屋は避けることが必要ですよね。

余計な費用多すぎませんか?

敷金・礼金・仲介手数料は仕方ないとしても、それ以外に火災保険は必要でしょう。しかし、保証会社や消毒料、鍵交換費用まで必須で求めて来る不動産屋は警戒する必要があります。保証会社は任意であるべきものであって、消毒料や鍵交換をするかは入居者が決めることです。業者との癒着が疑われるので、余計な費用が多い不動産屋は信用出来ません。良心的な不動産屋は、任意なものは任意とハッキリ回答してもらえます。大家側の希望の場合には、その場で大家に連絡して交渉してもらえるものです。

コーディネート専用の不動産屋を利用してみると良い

無駄な費用が発生しがちな賃貸物件探しですが、近年首都圏を中心としてコーディネート専用の不動産屋が登場しています。電話やメールが主体の運営方法で、現地待ち合わせの現地解散が基本ですが、別の不動産屋が担当する物件を仲介する業態です。不動産屋同士の交渉により、大家から出る広告料を原資として仲介手数料を不要とするタイプの仲介を行います。家賃交渉を含む各種条件交渉を担当してもらえるので、とても親身になって対応してもらえるので騙される心配がありません。

賃貸とは物を貸すことを意味しますが、インターネットで検索すると、主に貸し住宅を意味し、多くの不動産情報が得られます。